塑性加工・溶接

環境社会を目指して進む塑性加工技術

塑性加工技術は生産工程においてCO2が非常に少なく加工ができる工法です。
加工時間も短く、生産コストが大幅に削減できます。
これからの部品加工に是非塑性加工を取り入れる事をお勧めいたします。

環境社会を目指して進む塑性加工技術

実用例

自動車部品:キャスターケース、マフラー、エンジンマウント
家電用部品:エアコン用圧縮機メインシェル、洗濯機用ドラム、エコキュート用タンク、モーター用外板ケース
建設機械部品:建設機械用バケット、マフラー等部品
航空機用部品:etc

標準機シリーズ

金属に圧力を加えて形状を目的の形に変化させる塑性加工技術は、研削加工や鍛造加工などの金属加工法に比べて、加工時間が短く、材料のロスが少ないため、コストがかからず、環境に優しい工法と言えます。しかしこの工法で高い精度を求めるには非常に高度な技術と経験という熟練の技術者による加工技術を必要とします。
アイセルベンディングロールマシンシステムは長年培って来た塑性加工技術を結集、膨大なデータの蓄積をフィードバックし、今までにない工法や独自の技術を組み込み、このような匠の手作業での技術を必要とする塑性加工技術を簡単に精度よく加工を実現できるシステムです。品質や加工時間のバラツキも機械化により安定した精度とスピードを実現し、加工現場の省力化に大きく貢献できるシステムです。
「今まで手作業で行っていた塑性加工を機械化し自動ライン化したい」「もっと精度を追求したい」など様々な要望をお聞かせください。
お客様の製品造りをアイセルのマシンが熟練者に成り代わってお客様のお力になります。

ピンチ型4本ロール機 BS-B:従来の3本ロール機では不可能だった端曲げを可能にした画期的な4本ロールマシーン
厚板用4本ロール機 BS-BH:ハイパワーモードで端曲げ精度が向上
イニシャルピンチ型3本ロール機 BS-S:端曲げからロール成形まで可能にした3本ロール機
クイックベンダー BU-S:「あっ!!」という間に成形できる簡単操作の3本ロール機
ウレタンベンディングロール機 BU-U:薄板量産成形のスペシャリスト
バリアブルロール機 BVR:端曲げ不要の画期的ベンディグロール
コンパクト・高性能3本ロール機 BU-SK:使いやすさを追求した新機構!
安全装置・オプション:アイセルのベンディングマシンは、事故を未然に防ぐため、また、二次災害を防ぐ為、安全対策には特に配慮しています。


専用機シリーズ

金属の製品を製作する場合いくつかの加工工程を経て部品が完成されます。例えば鋼板に圧力を加えて変形された塑性加工には必ずといっていい程、加工されたワークに高精度に形を整える『シュリンク』作業や曲げた端面を繋ぎ合わせる『溶接加工』などの二次加工が必要になります。匠の技術を必要とする曲げ加工はベンダーで大量に加工されますが、その後の膨大な溶接作業が手作業に追われ、人件費・時間・熟練度などコストはかかるばかりで、ベンダーの性能も活かしきれないケースがあります。熟練の技術者による技をもってしても溶接作業のスピード化は困難な行程で、生産効率を上げるには超人技が必要です。
そこでアイセルは考えました。曲げ加工と溶接のコラボレーション! ワークの鉄板を供給するだけで、曲げ加工→溶接→2次加工という多くの複雑な工程を超人技で一気に加工。これまでなかった短管製造ライン自動化の実現に成功しました。マフラーケースコンバーターやコンプレッサー用メインシェルなどの大量加工もほんの僅かな設備でバリバリ仕事をこなす『パーフェクト』マシンの登場です。

『技』のアイセルが各種金属加工の専用機を設計・製作いたします。 アイセルの独自技術によって、様々な円筒成形・塑性加工を実現いたしました。コストダウン・省力化に貢献できるよう、バリエーション豊かな装備で金属加工の専用機を設計・制作いたしております。材質、製品寸法、生産数量、素材寸法、前工程、曲精度などを定義していただければ、コスト、生産量、精度にあった最適な機械をご提案いたします。

お客様の完璧(パーフェクト)な製品造りをお手伝いする『技』のアイセルがあなたのお力になります。

ガイドローラー溶接装置 GRW:曲げと溶接装置を組み合わした複合加工機
UOウェルダー:革新的な工法で精度UP  コストダウンを実現
溶接装置:ロール成形加工後の溶接に
全自動溶接ライン:ワークの供給から二次加工まで自動化 単管製品を精度よく、低コストで造る
専用機・二次加工機:ビート加工機、ローラープラニッシングマシン、アングルベンダー、バルジ機、孔開け・バーリング加工機、カーリングマシン、拡管機


摩擦攪拌接合装置

摩擦攪拌接合装置:世界初のNi基二重複層金属間化合物合金製ツールにより鉄系高融点材料の接合も可能