ホーム>製品情報>塑性加工・溶接>イニシャルピンチ型3本ロール機 BS-S

イニシャルピンチ型3本ロール機 BS-S

端曲げからロール成形まで可能にした3本ロール機(太鼓状を解消する調整機能搭載!!)

型3本ロール機 BS-S

加工可能寸法

加工可能寸法


1.端曲げを可能

3.タイコ状を防止

4.デジタル表示

  1. 端曲げを可能
    下ロール軸を個別に上下動させる事により、3本ロール機での端曲げを可能にしました。
  2. 加工精度が優れている
    ロール軸に焼入研磨をほどこし、耐摩耗性及び下ロール軸は上昇後は完全にロックされ高い真円度を保持します。
  3. 太鼓状を防止
    ロールバランスは機械的な同調方法としており、前・後の調整により太鼓状・ラッパ状を防止します。
  4. デジタル表示
    上ロール軸は完全固定。また、下ロール軸の位置をデジタルカウンターで表示し、任意の設定が出来、勘に頼る必要がありません。
  5. 頑強な機構
    フレーム構造はジョイストによる一体構造で強固なため簡単な基礎工事ですみ、合理的な設計のため設置面積が小さくてすみます。

加工手順

加工手順


標準仕様

標準仕様

  • 上記仕様はSS400標準ベースを目安として設定していますので、ワーク仕様によって変わってきます。詳細は打合せ後決定させて頂きます。本仕様は予告なく変更する事があります。
  • お問い合わせの際は、下記の事項をご連絡下さい
    材質・製品寸法(最小・最大径)・生産数量(日数)・素材寸法(板厚×長さ×幅)・前工程・曲精度