ホーム>製品情報>塑性加工・溶接>ウレタンベンディングロール機 BU-U

 ウレタンベンディングロール機 BU-U

薄板量産成形のスペシャリスト(太鼓状を解消する調整機能搭載!!)

ウレタンベンディングロール機 BU-U

  • 生産性が高く、取扱が簡単。
    小径のものであれば、1日3,000〜4,000個の加工ができます。
  • 端曲げが出来、真円度、円筒度は抜群。
    平板はもちろん、プレス加工したもの、孔のあるもの、段押ししたものでも可能です。
  • 加工品へのキズは皆無。
    アルミ、ステンレス、印刷物でもそのまま加工できます。
  • 自動タワミ追従装置付き(Bu-U1500以上)。
    ウレタンロールで細長いものを加工する場合、ウレタンロールの圧力で上ロールに「タワミ」が生じ、製品の中間の曲がりが悪いところに「タワミ現象」が起こりますが、油圧の圧力によりウレタンロールの中間押し上げをコントロールし、問題を解決しました。(PAT.)

加工可能寸法

加工可能寸法

ワーク
ワーク


ウレタンロール成形加工

ウレタンロールによる金属の曲げ加工方法は上ロール(スチール)にウレタンロール(スチールの芯金にウレタンを焼付されたもの)を押し付けウレタンロールを凹し、その圧力により、ワークを上ロールに押し付けて回転させ、円形に加工するものです。従って曲げ径を変更するのには基本的には上ロールの径を替える、又は上ロールに成形リングを挿入して径を替えることにより行われています。

小径加工 大径加工
小径加工        大径加工


吊り装置

吊り装置上ロールと成形リングの間に隙間が大きい時に成形リングの安定と加工された製品の取り出しを容易にする目的でパイプによりリングを吊り上げます。又、加工された製品が小さく曲がり二重に加工されるのを防ぐ目的で製品吊り上げ用パイプをもう一本装着します。

加工ワーク

加工品


加工手順

加工手順


標準仕様

標準仕様

  • 上記仕様はSS400標準ベースを目安として設定していますので、ワーク仕様によって変わってきます。詳細は打合せ後決定させて頂きます。本仕様は予告なく変更する事があります。
  • お問い合わせの際は、下記の事項をご連絡下さい
    材質・製品寸法(最小・最大径)・生産数量(日数)・素材寸法(板厚×長さ×幅)・前工程・曲精度

製品用途

  • 自動車マフラー
  • モーターケーシング
  • ジャーポット外筒
  • 空調用ダクト
  • オイルフィルター
  • コンクリートバイル金具
  • ストーブ燃焼筒
  • ボイラータンク
  • 太陽熱機
  • コンプレッサータンク
  • 農機具
  • ポールトランス
  • エアーフィルター
  • コイル芯金
  • 外装パネル
  • 焼却炉
  • 消化器ボンベ
  • ダンパー
  • ドラム缶

オプション

全自動ロール機 BU-U1800(全自動)
積層したワークを自動でロール成形、量産に威力を発揮します。
全自動ロール機 BU-U1800(全自動)

特別アタッチメント 成形リングと吊り装置
吊り装置によって成形リングを吊り上げておけば、ワークの取り出しが容易です。
特別アタッチメント 成形リングと吊り装置

 

特別アタッチメント スモールアタッチメント
小径のワークを加工する時に使用します。ワークの取り出しが簡単な様に自動開閉も可能です。特別アタッチメント スモールアタッチメント

 

縦型ロール機・全自動ロール機 BU-U200V縦型ロール機・全自動ロール機 BU-U200V
小型曲げ対応機種。加工後、ワークが自動落下。

テーパーロール機 BU-UT300テーパーロール機 BU-UT300
従来は熟練の技術が必要だったテーパ曲加工も、アイセルの独自技術によってより簡単に加工ができます。

 

自動供給取出装置 BU-U300(全自動)自動供給取出装置 BU-U300(全自動)
ワークの供給から加工、取り出しまでを全自動化、大幅な省力化を実現したマシンです。量産に大きな威力を発揮します。

テーパーロール機 BU-UT500テーパーロール機 BU-UT500
上ロール軸を取り替えて、色々な角度のテーパーを巻くことができます。