UOウェルダー

革新的な工法で精度UPとコストダウンを実現

UOウェルダー

加工品

加工品

UOウェルダーは予め所定の寸法に切断しておいたワークをワークストッカーより一つづつ自動搬送しベンダーに投入。まずU曲げ加工を施し、その後にO曲げという画期的な工法で円筒加工を行います。円筒に加工されたワーク端面を自動で溶接し、精度を整えるように矯正加工された後は、自動で取り出しいたします。この一連の加工工程を一台に集約したUOウェルダーは新工法でロール曲げでは不可能な小径曲げも実現、自動車部品や電機部品の生産に威力を発揮いたします。

 

  1. ロール曲げでは不可能な小径曲げができ、溶接から矯正、取り出しまでが自動。
  2. ワークの平板を積層しておくだけで自動に円筒成形します。
  3. シュリンク工程を経る事により精度の高い真円度が確保できます。

矯正部 溶接風景 溶接部 金型部
矯正部           溶接風景           溶接部           金型部

加工手順


標準仕様

標準仕様


加工データー

ワーク寸法
 
材質:
SUS409
板厚:
1.2mm・1.0mm
有効長さ:
100m/m〜1000m/m
加工
 
曲げ径:
外径φ45mm〜φ70mm
平均約20秒/個
 

製品用途

  • マフラー
  • 家電部品
  • その他自動車部品
  • 量産品等に

 


  • お問い合わせの際は、下記の事項をご連絡下さい
    材質・製品寸法(最小・最大径)・生産数量(日数)・素材寸法(板厚×長さ×幅)・前工程・曲精度