生産ライン

ロール成形・溶接・二次加工までの自動化なら、アイセルにお任せ下さい!

これまで培ってきた、ロール成形・二次加工技術の実績、長年にわたり蓄積された数多くのノウハウと接合技術を駆使した生産ライン。
高い信頼性を持ったハイクオリティな加工技術をご提案します。

 

自動車マフラー用短管生産ライン・自動車用部品生産ライン



エアコン用圧縮機生産ライン

エアコン用圧縮機生産ライン



熱交換器用部品生産ライン


ピンチ型4本ロール機 BS-B PTA.

従来の3本ロール機では不可能だった端曲げを可能にした画期的な4本ロールマシン(太鼓状を解消する調整機能搭載!!)
ピンチ型4本ロール機 BS-B
  • 端曲げから円筒成形までを1工程で行えるので、プレスによる端曲げは不要です。
  • ロール軸はすべて焼入研磨されているので、ステンレス、アルミ材に対しても傷をつけません。
  • サイドロール(No.1、No.3ロール)は、上昇後は完全にロックされるので、真円度に優れています。
  • ロールバランスは機械的な同調方法で、中間受の調整により、太鼓状やラッパ状になるのを防ぎます。
  • ダイヤル式セットメーターで数値をセットする事により、繰り返し簡単に円筒成形ができます。

ウレタンベンディングロール機 BU-U PAT.

薄板量産成形のスペシャリスト
(太鼓状を解消する調整機能搭載!!)

ウレタンベンディングロール機 BU-U
  • 生産性が高く、取扱いが簡単:小径の物であれば、1日3,000〜4,000個の加工ができます。
  • 端曲げができ、真円度、円筒度は抜群:平板はもちろん、プレス加工したもの、孔のあるもの、段押ししたものでも加工できます。
  • 加工品へのキズは皆無:アルミ、ステンレス、印刷物でもそのまま加工できます。
  • 自動タワミ追従装置付(BU-U1500以上):ウレタンロールで細長いものを加工する場合、ウレタンロールの圧力で上ロールに「タワミ」が生じ、製品の中間の曲がりが悪いところに「タワミ現象」が起こりますが、油圧の圧力によりウレタンロールの中間の押し上げをコントロールし、問題を解決しました。(PAT.)

ガイドローラー溶接装置 GRW PAT.

自動溶接装置
ガイドローラー溶接装置 GRW
  • ワークを置くだけで自動溶接が出来る。
  • 面倒なクランプや位置あわせの必要がありません。
  • ガイドローラーの中に配したローラーにより、円周方向へのズレが起きない。
  • 段取り換えは、ガイドローラー取り替える事と各部の調整でOK
  • 送りスピード、電流はタッチパネル画面上で設定可能。



専用機・二次加工機

各種金属加工の専用機を設計・製作いたします。詳細は「専用機シリーズ」をご覧下さい。