取扱説明書 AHS

取り付けについて

軸表面のゴミ、サビ、汚れなどを拭き取って下さい。

心出し精度について

2軸間のミスアライメントをカップリングの許容値以下になる様、心出しを実施して下さい。
2軸間のミスアライメントが大きい場合、振動や異音の発生、または寿命に大きな影響を与えることがありますので、正確に実施して下さい。
弊社のカップリングは組み付け治具により、同心調整後出荷しておりますので、クランプボルトは緩めず組み付けを行って下さい。


モータ軸心の確認

  1. モータ軸心の確認モータ出力軸の振れ精度の確認をします。
    カップリングを取り付けるモータ出力軸の振れを測定することにより、心出し精度の基準値を把握し、カップリングの組み付けを開始します。
    図の様にモータ軸にダイヤルゲージを当て、振れ量を確認して下さい。(Fig.1)
    モータの軸振れ量は各社にて規定されておりますが、この状態で心ズレを起こしている可能性があります。

組付け手順

  1. モータ軸にカップリングを所定のトルクで締め付けた後、Fig.2の様にカップリングフランジ外周にダイヤルゲージを当て、振れを測定して下さい。
    組み付け精度が維持できる目安としてAHSは外周振れで2/100以下になる様に、ボルトの締め付けを調整して下さい。(Fig.2)
組付け手順

  1. 上記測定したカップリング付きのモータをハウジングに挿入し所定トルクにて取り付けます。
    従動側の軸挿入時にカップリングにスラスト方向の負荷をかけないで下さい。(Fig.3)ディスクがズレてカップリングが心ズレをおこす場合があります。
  2. 従動軸にカップリングを挿入して締結せずに、モータ軸を回転させストレスなく回転するかを確認します。
      (簡易心出し確認)スムーズに動かない場合はモータ取り付け部にて調整して下さい。
組付け手順

 

  1. 従動軸側のロックボルトをトルクレンチを用いて締め付けます。
    トルクレンチにて、対角線の順に最初は軽く(所定締め付けトルクの約1/2)締め付け、その後所定のトルクで締め付けを行って下さい。
    最後に円周方向に順次締め付けを数回繰り返し、締め忘れがないか確認して下さい。
    締め付けの際、下記図の様にダイヤルゲージを従動側フランジに当て振れを見ながら組付けて下さい。
    カップリング取り付け後側面から目視してディスクの変形がないことを確認して下さい。


  1. 組み付け確認
    下記型式毎のフランジ面間距離(LL)を測定して偏角を確認します。ダイヤルゲージをカップリングの従動側フランジ外周面に当て、振れを測定します。振れ量を先程のモータ単体での振れ量に近づける様にモータの位置を調節して下さい。(Fig.4)
    組み付け精度が維持できる目安としてフランジ外周振れで2/100以下に抑えて下さい。
  2. 初期ボルト緩み対策について
    締結後のボルト初期緩み対策として30分程度運転後、再度締め付けトルクを確認して下さい。

組み付け確認




        フランジ面間距離(LL)フランジ面間距離(LL)


取り外し前の安全確認

ロックボルトを緩める前に安全確認を行ない、作業を始めて下さい。
取り外し時の危険事項の確認について動力源(電源)を切り、カップリングにトルク、スラスト力などが加わっていないか、落下などの危険がないか確認して下さい。


取り外し方法

ロックボルトを外し、サイドリングにある取り外し用タップ孔全部にネジを挿入して締めると軸クランプが解かれます。
ロックネジ孔と取り外し、ネジ孔が同じ孔に位置している場合があり、その場合はロックボルトの1サイズ上のボルトを挿入して取り外して下さい。

参考資料

軸挿入量

下記カップリング軸挿入量を参照し調整して下さい。(Fig.5)
軸挿入量

締付トルクとボルトサイズ

締付トルクとボルトサイズ
予告なしに仕様を変更する場合があります。