ホーム>製品情報>カップリング>取扱説明書 Nカップ

取扱説明書 Nカップ

取り付けについて

軸表面のゴミ、サビ、汚れなどを拭き取って下さい。

包装時には防錆油が塗布してありますので、内径を軽く拭き取り、そのままご使用下さい。Nカップ(鋼)
Nカップ(SUS、メッキ)そのままご使用下さい。

組付け手順

2軸間の簡易心出し確認

  1. 軸挿入したカップリングを左右にスライドさせて、ストレスなく動くことを確認して下さい。
  2. 2軸間の簡易心出し確認カップリングの位置決め後(1本スリットの切れ目で軸と軸の中央を確認)ナットを徐々に締め付けて下さい。
    ナットの締め付けはボディをスパナで固定し、両側のナットを交互に締め付け、最初は軽く(所定トルクの1/2程度)締め付け、最後に所定トルクで締め付けて下さい。(Fig.1)
    スリット1本割りのため、片側のみ軸を挿入して締めすぎると、反対側の内径が変形する場合があります。(φ6〜25)
    ナットを締めすぎた場合、ナット外周が膨らんで締結力が落ち、スリップの 原因に繋がる場合がありますので、必ず締め付けにはトルクレンチをご 使用下さい。
  3. 初期ナット緩み対策について
    締結後のナット初期緩み対策として30分程度運転後、再度締め付けを確認して下さい。

取リ外し前の安全確認

ナットを緩める前に安全確認を行ない作業を始めて下さい。
動力源(電源)を切り、カップリングにトルク、スラスト力などが加わっていないか、落下などの危険がないか確認して下さい。


取り外し方法

ボディをスパナで固定し、ナットを緩めると軸クランプが解かれます。


参考資料

軸挿入量

軸挿入量

締付トルク

締付トルク
スタンダード、無電解ニッケルメッキ、ステンレス各仕様とも共通

再使用する場合

再使用する場合取り外したカップリングを分解し、ボディネジ部やナットネジ部に付着しているテフロンテープを除去して、再度ボディネジ部に新たにテフロンテープを一巻き半程度巻きつけ、ナットを仮組みして下さい。
テフロンテープは配管用ネジシール材(厚さ0.1mm)をご使用下さい。
テープ幅については下表を参考頂き、テフロンテープをカットしてご使用下さい。