ホーム>製品情報>MSEミキサー>概要および基本原理

概要および基本原理

MSEミキサー(MSE)とは

原理

MSEミキサーは、多数の小貫通孔及び中央に大貫通孔を有する混合エレメントの積層体を、リング板及びブラインド板により保持したものです。MSEミキサーに流入した流体は、積層体内部で連通する多数の小貫通孔を流通する際に分割・合流等により混合されるとともに、乱流や渦流等によっても混合されます。

原理

混合のしくみ

外開きの混合エレメントAおよび内開きの混合エレメントBを交互に重ね、ブラインド板およびリング板により挟持します。混合エレメントAと混合エレメントBは、積層状態で互いの貫通孔間の仕切壁が重ならないように設計されています。そのため、MSEミキサーに供給された流体を半径方向に流通させることができます。

MSEミキサーに流体を供給すると、ブラインド板により直進を妨げられた流体は、MSEミキサーの内部に流入し、積層体内部を流通して外周部から流出します。流体はMSEミキサー内部の複雑に連通する貫通孔を流通する際に、積層方向および半径方向に分割・合流やせん断等を繰り返すことにより、効率的に混合されます。

積層方向

積層方向



半径方向

半径方向


アプリケーション

MSEミキサーはスタティックミキサー、撹拌翼、ポンプミキサー、MSE攪拌子として使用することができます。

スタティックミキサー
撹拌翼
ポンプミキサー

特徴

  • 条件に対応した設計が可能
    混合エレメントの積層枚数、積層パターンの変更が可能。
    混合エレメントの板厚、外径、内径、小貫通孔が任意に変更可能。
  • 製作が容易
    混合エレメントを積層して上下の板で挟むだけでミキサーが完成。
  • 材質の選択が自由
    混合エレメントを含む各構成部品は簡単な形状なので、プラスチック、金属等種々の材料で製作可能。