ホーム>製品情報>マシンシャッター>マシンシャッター選定:1.形状を選ぶ。【斜め型】

マシンシャッター

マシンシャッターかんたん選定

マシンシャッター選定

マシンディオン選定

スライドシャッター選定

レーザーマーカー専用安全ボックス

特殊カバーシステム

テクニカルデータ

マシンシャッター選定:1.形状を選ぶ。【斜め型】

マシンシャッター 選定フォーム

マシンシャッター 見積用紙 ダウンロードしてご用意ください

STEP1


斜め型:取り付ける機械に合う形状を選びましょう!

人気形状TOP3:よくご注文を頂く形状をまとめました。 -- 75°折り返しタイプ:NCR7-01:奥行きの長さが無い場合でも開口を確保することが出来ます。 -- 60°折り返しタイプ:NCR6-01:奥行きの長さが無い場合でも開口を確保することが出来ます。 -- 75°L型タイプ:NCL7-01:スラットが背面に回り込まないので背面に作業スペースを設けることが出来ます。(開口と同じだけ奥行きが必要となります。)

 

L型・折り返しタイプの開口方法の違い

L型タイプとは

スラットが背面に回り込まないため、背面側に干渉物がある場合に選ばれます。

L型タイプとは・・・シャッターが背面に回り込まないため、背面側に干渉物がある場合に選ばれます。

折り返しタイプとは

スラットが背面に回り込むため、高さや奥行きが短くても十分な開口が確保出来ます。 

折り返しタイプとは・・・シャッターが背面に回り込むため、高さや奥行きが短くても十分な開口が確保出来ます。 


 

エルボプレートについて

エルボプレートについて

エルボプレートを付けていない場合、R部分にカバーを取り付けることが出来ません。そのため、エルボプレート付を標準品として用意しております。 お客様で天井カバーをR形状に合わせて製作される場合やカバーが必要でない場合はエルボプレート無しにチェックを入れてください。
※「エルボプレート無し」と「エルボプレート有り + フレーム無し」を選択した場合、R部分に接する前後のカバーは取り付けることが出来ません。

 

ストッパーについて

ストッパーについて

スラットの先端部分が基準開口の位置に来るようにストッパーを取り付けて調整致します。 ただし、サイズによってはストッパーが付属しない場合がございます。
※ストッパーとはアルミフレームと連結Lプレートで構成されたスラットの開口位置を調整する部材です。

基準開口についてはこちらをご覧ください。

 

NAタイプ:装置側に直接取り付ける事が可能な場合に選ばれます。
NBタイプ:装置側に直接取り付ける事が可能な場合に選ばれます。

NCタイプ:装置側に直接取り付ける事が可能な場合に選ばれます。構造体としても選ばれます。
NDタイプ:奥行きのない場合に選ばれます。構造体としても選ばれます。

NEタイプ:奥行きのない場合に選ばれます。構造体としても選ばれます。


75°タイプと60°タイプの違い

75°タイプと60°タイプの違い

意匠性に優れる斜め型ですが、内部の空間が狭くなる欠点があります。そのため、意匠性を維持しつつカバー内空間を最大限活用したい方は60°タイプを選定してください。


L型タイプ、折り返しタイプ


NAタイプ形状一覧

NAタイプ形状一覧


NBタイプ形状一覧

NBタイプ形状一覧


NCタイプ形状一覧

NCタイプ形状一覧


NCタイプ形状一覧

NCタイプ形状一覧


NDタイプ形状一覧

NCタイプ形状一覧


NEタイプ形状一覧


見積用紙記入例