ホーム>製品情報>マシンシャッター>テクニカルデータ Q&A

マシンシャッター

マシンシャッターかんたん選定

マシンシャッター選定

マシンディオン選定

スライドシャッター選定

レーザーマーカー専用安全ボックス

特殊カバーシステム

テクニカルデータ

テクニカルデータ Q&A

塗装

マシンシャッターの部材に塗装は出来ますか?
出来ます。
日本塗料工業会(日塗工)の塗料番号またはマンセルの塗料番号と色見本をご提示ください。 部品により細かな隙間部分には塗料ムラができる場合があります。

組立(日本国内)

組立出荷は出来ますか?
出来ます。
組立出荷の際、サイズによってはチャーター便を利用するため、別途送料がかかる場合があります。
現地での組立作業は出来ますか?
出来ます。
作業費・交通費・宿泊費など、別途費用がかかります。
お客様が行う作業に対して現地での組立アドバイスも行っております。

CAD

CADデーターはありますか?
あります。
こちらよりダウンロード出来ます。

クリーンルーム

クリーンルーム仕様はありますか?
ありません。
フレームやスラットはクリーンルームで使用出来ます。転がりのローラは静的な状態では発塵しないため使用出来ますが、スラットの開閉に伴い発塵するため動的な状態では適していません。
お客様によっては発塵しにくいベアリングローラや制電材質のスラットおよびカバーを選定してクリーンルームで使用されています。

規格と基準

国際基準は何に対応していますか?
RoHS指定(特定有害物質使用制限)・RoHSU(改正RoHS)に対応しています。

証明書

各証明書は発行してもらえますか?
原産地証明やMSDS、該非判定書等発行が可能です。
別途費用がかかる場合があります。

防火と防水

防火や防水仕様は出来ますか?
出来ません。
樹脂製品が多く防火に適していません。またスラットの側面には隙間があるため、防水に適していません。

追加工

部材への追加工は出来ますか?
出来ます。
図面をご提示ください。

自動開閉

シャッターの自動開閉はできますか?
出来ません。
標準では自動開閉仕様はありませんが、自動開閉装置を取り付けるための部材はご用意できます。制御はお客様でお願いします。

アクセサリー

定張力パーツとバランスパーツの違いは何ですか?
どちらもスラット重量を軽減し、開閉のサポートを行うパーツです。
定張力パーツは一定の重さで安定した上げ下げが行えます。
バランスパーツはバネの伸びる位置でだんだんと重くなっていきます。
詳細はこちらこちらをご参照ください。
ネジのゆるみ防止剤は必要ですか?
必要です。
ローラ部分のボルトは開閉時や装置の振動で緩む可能性があります。詳細はこちらをご参照ください。

スラット

アルミフレームとスラットの重なり(オーバーラップ)はどれくらいですか?
最小0mm〜最大4mm(片側)です。
アルミフレーム規格や使用するローラによって重なり(オーバーラップ)寸法が異なります。 
詳細はこちらをご参照ください。
材質の特徴を教えてください。
ポリカは耐薬品性には劣りますが、強度が強いため最大2000mmまで製作が可能です。
PETは強度が弱く最大製作可能寸法は1300mmまでですが、耐薬品性には優れていて透明度も高いです。
塩ビは強度が弱いが、安価で耐薬品性にも優れているため低コスト仕様の場合によく使用されています。
アルミは高価ですが、強度が強く遮光性に優れているためレーザ業界や物流業界でよく使用されています。
シャッターの開口を広くするにはどの様にしたらよいですか?
正面縦・奥行き・背面縦の寸法を長く延ばせば開口を広くすることができます。
L型形状であれば、折返し型形状に変更すると開口を広くすることができます。折返し形状であれば、背面縦が長い形状に変更すると開口を広くすることができます。寸法や形状が変更できない場合は、こちらをご参照ください。
指定した樹脂メーカーでスラットは製作出来ますか?
出来ます。
厚さが2mmでメーカー名と配色番号を指示してください。標準品に比べて受注対応品のため、納期が長く価格も高くなります。
制電仕様は出来ますか?
出来ます。
スラット・カバーの材質で塩ビまたはポリカの制電タイプを選択してください。
弊社では作業前清掃で使用する帯電防止剤もご用意しております。詳細はこちらをご参照ください。

型式

シャッターに型式はありますか?
ありません。
お客様によって仕様が異なるため、マシンシャッターに型式はありません。マシンシャッター一式を見積番号または見積・手配番号で管理しています。
見積番号や見積・手配番号がない場合、変更・追加や再注文の処理に時間がかかることがあります。

納期

納期はどれくらいですか?
標準形状では受注後実働7日、部材のみの注文は実働3日です。
特注対応品等や組立出荷、複数台の注文は納期が変動します。

寸法

最大寸法はどれくらいですか?
形状やフレームの太さによって異なります。
マシンシャッターはこちら、マシンディオンはこちら、スライドシャッターはこちらをご参照ください。

見積

見積依頼はどうすればよいですか?

FAX・E-mailまたは選定フォームからご依頼いただけます。
PDF形式の見積用紙(マシンシャッターマシンディオンスライドシャッター)をダウンロードしていただくことが可能です。必要事項をご記入後、FAX(072-925-8377)やE-mail(shutter@isel.jp)にて送信願います。
また選定フォーム(マシンシャッターマシンディオンスライドシャッター)から必要事項を選択・記入していただいて送信していただく方法もございます。

補修

部品単体の注文は出来ますか?
出来ます。
マシンシャッターは独立した各部材で構成されているため、部品単体で注文することが出来ます。
新たな部材を購入して機能を追加したり、破損した部材のみの交換を行うことが出来ます。

フレーム

アルミフレームの材質を教えてください。
A6063-T6です。
引張強さは240N/mm2、耐カは215N/mm2、せん断強さは150N/mm2です。

カバー

油類に適したカバー材質はどれですか?
塩ビです。
ポリカ・PETは白く変色することがあります。アルミは付着したままにすると腐食することがあります。詳細はP161をご参照ください。 メーカー名と配色番号をご指定ください。
透明以外のカバーはありますか?
あります。

その他

シャッターの清掃方法を教えてください
市販の洗浄剤では変色したり劣化することがあります。 全ての部材に安心して使用できる専用の洗浄クリーナーをご用意しています。詳細はこちらをご参照ください。